読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いずむうびい

テキトーなブログ。

映画好きへ質問するときの留意点

長らく映画好き+Twitterをやっていると,同じようなケースに同じようにモヤっとしている姿をしばしば目にする.分かる分かる.見るたびにそう思うが,共感に終始して改善案や解決法など考えたこともなかった.世の中がそういう風にできているんだから宿命みたいなもんでしょと考えることを知らず知らずのうちに放棄していたのかもしれない.それは世の中に対して失礼ともいえるんじゃないか.そこそこの映画好きとしてまずまずの結論は出しておくべきではないか?というわけで,ボクなりに考えてみました.

お題となるのは,映画好きなら誰しもが対峙したであろう大体このようなニュアンスで現れる【質問】です.


「今まで見たなかで一番面白かった映画はなに?」


これね.好きなんだからそんな簡単に一番とか決められないですし決まっていたとしても何それへぇーとかが関の山ですしと思わざるを得ないTHE・不毛な質問の代表格!なんども受けたこの質問が嫌になってからというものもはやボクはどう回避していたのか覚えていない.聞いた方は数年後も覚えていたりするのが厄介.斯様に多くの映画好きは100000%この質問を快く思ってません.では,何故この類の質問をそれほどまでに嫌がるのか?ごくごくシンプルに説明しましょう.


Q.嫌がる理由は?

A.何百何千何万と見た映画の中からの「一番」を差し出すのに「知らない」と地へ落とされるから


ですよ……………

「大好きなもの」が「知らない」の一言で無へと帰すことになる事態にどうして加担しなければならないのか!それが嫌だからといって別の答えを用意するのも心苦しい!どういう映画か教えてほしい?一本語るのに一本で済めばいいことは稀だ!ゼロからのスタートに付き合えるほどの話術は無い!良いことなど一つも無い!身近に映画好きがいる方やこれから映画好きと出会ったときは絶対に控えるべき質問と断言する!なにを偉そうにと思う方はちょっとこれを見てほしい!

f:id:m-ism6021:20160218032256j:image
Twitterで拾ったやつw

月に映画館へ複数回おもむく人間はごくわずかで,日本において「映画好き」はなかなかのマイノリティーのようだからマジョリティーの非映画好きの側こそが気を遣いましょう(真顔).映画好きは基本的にはこじらせているんです!

もちろん,聞いた側としては話の流れで何となく軽い気持ちで聞いたのでしょう.しかし,映画好きは「映画」のことにものすごく真面目でさらに「人に映画を勧める」ということにひどく敏感です.なので,テキトーに受け答えするスキルがなかなか身につきません.あなたが目の前にしている「映画好き」が映画好きとしてどれほどの有段者かあなたには分からないはずです.ならば「聞かない」のがベターな選択なのです.セルフスペースに土足で入ると足跡が残ります.

とはいえ,これから新生活シーズン.映画好きの人と出会うこともあるでしょう.もうすぐ春ですね恋をしてみませんかよろしくその人と純粋に「話したい」と思うこともあるでしょう.そんなときに投げ掛けるオススメの【質問】を用意しました.


Q.次はなんの映画を見るの?

or

Q.これから楽しみにしている映画は?


これです.これからの映画の「予定」をきくのです.映画好きはマイノリティーですから大抵の人が孤独感を持っています.それに擦り寄ることができるし,先の「今まで〜」の質問が良くないのは過去を振り返る作業を強いることともいえるので非常に前向きな気持ちになってくれると思います.人の過去,そんなに聞かないですよね?映画好きにとって映画は物ではなく「人」であり「時間」であり「良くも悪くも確定された記憶」なのです.その過去を掘り出そうとするのではなく,まだ見ぬ未来である「予定」をきくことで,映画好きは待ってましたと言わんばかりに説明してくれるはずです.映画好きは基本的には「説明」するのが好きですから(笑)

「映画」は誰でも知っている娯楽ですけど,ルールや境界線が無いので誰もが同じように認識しているものではないところが奥深いというか闇深いというか.ハイ.というわけで,人の興味に興味を抱いたときはそれを掘り下げるのではなく広げたり持ち上げたりしてあげるのがその人に対して礼儀になるんじゃないか?って結論なのでした.こんなこと書いてたら睡眠時間が半分削れていまもう絶望しかない.おしまい