読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いずむうびい

テキトーなブログ。

女子高生のカリスマから女子力の神へ!西野カナ『Just LOVE Tour』へ行ってきた。

f:id:m-ism6021:20161127014735j:image
 

西野カナが好きである.可愛いし声が伸びやかだし可愛い.11.26に全国アリーナツアーのゴール地点であるさいたまスーパーアリーナに遊びに行ってきた.ライブはとても素晴らしく楽しいひとときを過ごさせてもらった.はじめはちょっと鼻声かなと思ったけどバラードになるとさすがのまとめ方で『君が好き』は特に良かったです.あらためて西野カナ好きだなと思えるライブだったので,その余韻を少しでも持続させるためにここでは西野カナをなぜに好きになったのかということとこれからの彼女に期待していることが何なのかを書いておく.映画ばっかしじゃ何だからね.

 

さて,デビュー当時の彼女についてはまったくと言っていいほど知らなくて,世間と同じように2010年の『会いたくて 会いたくて』で存在を認知した身分だ.あの頃は「震えすぎwww」とやたらと揶揄されている様子をぼんやり外から眺めていた記憶がある.まあ,とくべつ西野カナという存在が叩かれようが女子高生に人気が出ようがボクにとってはまだ何ともない存在だったのだ.彼女のことを気になりだしたのは2012年の『GO FOR IT!!』からだ.

 

GO FOR IT !!

GO FOR IT !!

  • 西野 カナ
  • J-Pop
  • ¥250

 

単純にプロモが可愛いと思ったのだ.男ってやつはどうしたってチアっぽいのに弱い.それと「L!O!V!E!Y!O!U!」なんてスラムダンクの流川への応援歌だってギャグになってるフレーズを何の気兼ねもなくスッキリと伸びやかに歌っているさまが素直に格好良いなと思った.今日も会いたくて震えてるんだろうと言われている印象しかなかった彼女に純粋に興味がわいてきたのだった.

 

それからテレビで見かければ眺めて,歌を聴いて,三重県の喋りが可愛いってことと歌唱力は全然バカにできないことに気が付いた.会いたくて震える日もたまにはあるんじゃないだろうかと思い始めて普通以上ファン未満な感じがしばらく続いた.そんな状態で耳にした2014年の『Darling』.これで一気にファンになった.曲うんぬんや可愛いからなどといった理由ではなく,彼女に変化を感じたからだ.

 

Darling

Darling

  • 西野 カナ
  • J-Pop
  • ¥250

 

それまでの彼女の歌は片想いや失恋,わたしからの「君(キミ)」への想いという一方的なものが多かったのだが,『Darling』は彼氏との同棲生活を歌ったもので,明らかに年齢層ターゲットが西野カナの実年齢を意識するように変わっていた.子どもの頃に夢見ていた煌めく恋愛ではないけれど,私は私なりに幸せですなどと言い放ち何とまあ等身大の歌に路線変更してきたのだ.これにグッと心を掴まれてやられてしまったボクは,過去作品をある程度チェックしつつ,新譜をリリース毎に聴くようになっていった.

 

2015年の『好き』に書かれている「キミ」はそれまでとはニュアンスが違って歳上女性からのそれにも対応できる内容になっている.『もしも運命の人がいるのなら』はともすれば婚活や合コンなんかも経験値として積んでいそうな女性のナンバーになっている.極めつけはやはり今年の『トリセツ』だが,女性なら1つは心当たりがありそうなフレーズをこれでもかと入れ込んで,一点物につき返品交換はできませんご了承くださいなどとおどけてみせてはいるもののその内容は女子無敵状態の男子ムリゲーソングであり,神をも恐れぬ西野カナの女子力にはもう降参するほかなかったのである.

 

そう.西野カナはデビューしてから女子高生のカリスマを経て大人の女性になり,2016年についに「女子力の神」へと目指す頂を変えたのだ.

 

好き

好き

  • 西野 カナ
  • J-Pop
  • ¥250

もしも運命の人がいるのなら

もしも運命の人がいるのなら

  • 西野 カナ
  • J-Pop
  • ¥250

トリセツ

トリセツ

  • 西野 カナ
  • J-Pop
  • ¥250

 

そんな彼女の新曲『Dear Bride』は初のウェディングソングだ.だが,この歌は木村カエラの『Butterfly』のように結婚式場が公式に使用するような歌にはならないだろう.いやなる必要がない.歌詞の中に「彼(旦那)」がいたうえでの「君(キミ)」なので,あくまで女の子による女友達への結婚祝福ソングになっているからだ.しかし,これぞ西野カナが突き進む女子力の道なのだ.女子による女子のための女子ソングを彼女には歌い続けていってほしい.

 

Dear Bride

Dear Bride

  • 西野 カナ
  • J-Pop
  • ¥250

 

昨年の『With LOVE Tour』と本日の『Just LOVE Tour』で2度彼女のライブに行ってきたが次のツアーにも絶対に行こうと思う.ツアーの名前にはこれからもLOVEを冠してもらって是非ともその道を極めていただきたい.今,日本でいちばん女子力の高い女の子・西野カナ.これからもどうぞよろしくね.おわり