読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

いずむうびい

テキトーなブログ。

青春歌留多漫画譚『ちはやふる‐下の句‐』

f:id:m-ism6021:20160506013137j:image
f:id:m-ism6021:20160506013206j:image


主人公・千早の情熱によってこの映画の「かるた」は生を受けていたから,先の『上の句』では,まずその情熱に取り掛かる手筈として周囲の人物を描いていたのだなと分かる今回の『下の句』でありました.意外性の上の句,普遍性の下の句.

千早というキャラクターは,典型的な少年漫画の主人公タイプだ.『ドラゴンボール』の孫悟空,『スラムダンク』の桜木花道,『ワンピース』のルフィ.天真爛漫な性格で清々しい印象.描かれる題材に対してどこまでも貪欲で純真無垢.世の中にいそうでいない.でも誰でも理解できる「理想」で固められたキャラクターだ.こういうキャラクターは特にバトル漫画ではいちばん主人公に据えやすい.

なぜ据えやすいのか?それは他のキャラクターを構築しやすいからと思う.その主人公には無いもの.つまり主人公と真逆の者を作り出せば好敵手といえるし,その主人公にない部分に特化した者を作り出せば仲間にしやすくなる.

ちはやふる』は,そういった少年漫画のバトルマインドで構築されているのがまず楽しい.しかも,描かれるのが「かるたバトル」.目に飛び込む新鮮味と古き良きスタンダードの配分が抜群に素晴らしいのだ.

ストーリーで素敵だなと思うのは,千早の純粋さばかりを持て囃すでも詩暢の孤高を持ち上げるでもなく,千早には太一.詩暢には新.両方の価値観を俯瞰させつつ,その「多様性」と「豊かさ」を認める物語に仕上げているところだ.かるたの配置よろしく絶妙な戦略のもとキャラクター構築と配役がなされているのだなと思いました.

なので,若干気になる点といえば「かるた」という変わった題材が頭にあるので,少しキャラクターが計算されすぎているというか.そのせいか「いけー!」ってな感じに思いっ切り「試合」に心を持っていかれることは無かったかなぁと.いったん上の句で雰囲気は掴まされてるので,下の句では「はー」とか「ほー」とか思いながら,なんかずっと感心しっぱなしでした.しかしながら続編制作決定はめでたい.広瀬すずちゃんはチアガールもやるみたいなんで部活女優として独自のものを切り拓いていってほしいですね.楽しかったです!